学問・資格

2006年3月24日 (金)

4/19@神戸大9条企画のバージョンアップ

 上記企画、発展・進化していますので、最新の案内いたします。

以下、転送転載歓迎!
================
市民社会フォーラム共催企画のご案内
知っておきたい憲法の話

日 時 4月19日(水)17:30~
会 場 神戸大学国際文化学部B101号室(
     地図:
http://ccs.cla.kobe-u.ac.jp/Kohou/map/map.html    
参加費無料 ※どなたでもご参加いただけます

第1部 神戸大学の先生からの講話(嘉指信雄文学部教授など数人予定) 17:30~
第2部 和田進先生の講話 18:30~(終了20:00予定)

 国会では改憲派が多数になり、今国会でも憲法改正の国民投票法案が提出されようとしています。このままでは、「戦争はしない」「軍隊は持たない」と世界に誓った日本国憲法9条が変えられるかもしれません。
 国民投票になれば、改憲の賛否を選択するのはあなたですが、そもそも私たちは憲法についてどれくらいの知識があるでしょうか。
 「憲法は私らのくらしに何か意味があるの?」「9条は時代にあわない」「平和憲法は古臭くなったのでは」…そういう疑問のある方も歓迎。
 論憲しましょう。

☆和田進先生プロフィール
 1948年生まれ。神戸大学発達科学部教授・学部長、専門は平和論・憲法学。著作は『戦後日本の平和意識―暮らしの中の憲法』(青木書店、97年)、共著『歴史の中の日本国憲法』(法律文化社、02年)、編著『平和秩序形成の課題 講座 戦争と現代』(大月書店、04年)など。

主催 神戸大学学生9条の会 
http://kobe9.fc2web.com/

共催 神戸大学教職員9条の会
   日本科学者会議兵庫支部 
http://jsa-hyogo-hp.hp.infoseek.co.jp/
   市民社会フォーラム http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

お問い合わせ先 Eメール:NQC41966@nifty.com (市民社会フォーラム)
================

2006年3月23日 (木)

【案内】知っておきたい憲法の話

以下、転送転載歓迎!
================
市民社会フォーラム共催企画のご案内
知っておきたい憲法の話

日 時 4月19日(水)17:30~
会 場 神戸大学国際文化学部B101号室(
     地図:
http://ccs.cla.kobe-u.ac.jp/Kohou/map/map.html    
参加費無料 ※どなたでもご参加いただけます

第1部 平和憲法を考えるビデオ上映 17:30~
第2部 和田進先生の講話 18:30~(終了20:00予定)

 国会では改憲派が多数になり、今国会でも憲法改正の国民投票法案が提出されようとしています。このままでは、「戦争はしない」「軍隊は持たない」と世界に誓った日本国憲法9条が変えられるかもしれません。
 国民投票になれば、改憲の賛否を選択するのはあなたですが、そもそも私たちは憲法についてどれくらいの知識があるでしょうか。
 「憲法は私らのくらしに何か意味があるの?」「9条は時代にあわない」「平和憲法は古臭くなったのでは」…そういう疑問のある方も歓迎。
 論憲しましょう。

☆和田進先生プロフィール
 1948年生まれ。神戸大学発達科学部教授・学部長、専門は平和論・憲法学。著作は『戦後日本の平和意識―暮らしの中の憲法』(青木書店、97年)、共著『歴史の中の日本国憲法』(法律文化社、02年)、編著『平和秩序形成の課題 講座 戦争と現代』(大月書店、04年)など。

主催 神戸大学学生9条の会 
http://kobe9.fc2web.com/

共催 日本科学者会議兵庫支部 http://jsa-hyogo-hp.hp.infoseek.co.jp/
   市民社会フォーラム http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

お問い合わせ先 Eメール:NQC41966@nifty.com (市民社会フォーラム)
================

2006年3月21日 (火)

市民社会フォーラムHP更新

市民社会フォーラムのHPを更新しました。

評論
米軍による宇宙占領の「盾」となる―ミサイル防衛の本当の目標を考える 藤岡 惇(立命館大学教授)
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page211.html

「近畿原爆症認定集団訴訟の勝利判決をめざすつどい」の報告 前川 史郎(日本原水協)
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page210.html

リンク
原水協通信blog(試験版)
http://www.antiatom.org/blog/
神戸・子どもと教育ネットワーク
http://homepage2.nifty.com/kobe-knet/index.htm
「平和への結集」をめざす市民の風
http://uniting-peace.net/
神戸再生フォーラム
http://re-kobe.seesaa.net/

2006年3月 5日 (日)

市民社会フォーラムのHP更新

市民社会フォーラムのHP更新しました。

映画評論コーナー新設
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page207.html
 「ザ・コーポレーション」 森岡孝二(関西大学教授)
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page208.html
 「ファルコーネ マフィア大捜査線」(2000年、アメリカ-イタリア) 谷本純一
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/mafia.doc

評論
 日本国憲法と自民党改憲案の「現実」 goo-needs(恥ずかしい歴史教科書を作らせない会)
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page209.html

リンク
 恥ずかしい歴史教科書を作らせない会
http://members.goo.ne.jp/home/goo-needs
 シネ・ヌーヴォ
http://www.cinenouveau.com/
 老人党リアルグループ「護憲+」
http://yufuu.com/user/goken/
 基礎経済科学研究所
http://www.kisoken.org/

2006年2月 7日 (火)

今後の予定

 2/19の色平さんの講演会で、報告いただく坂口先生の事前レジメをHPに掲載いたしました。
 以下、転送転載歓迎!

 ---------------------------
2月11日(祝・土) 映画鑑賞会ホテル・ルワンダ」@大阪

2月12日(土) 第9回社会科学研究会@大阪
 包括的公共事業改革の現状と課題―信州モデルの検証―

2月18日(土) 色平哲郎医師を囲む会@神戸

2月19日(日)  第34回例会@神戸
 色平哲郎講演会「医療が滅ぶ 命の沙汰も金次第でいいのか」
---------------------------
週末はお近くの市民社会フォーラムまで。

============
市民社会フォーラム
第6回映画鑑賞会のご案内
「ホテル・ルワンダ」

【日時】2月11日(祝・土)14:50分上映(上映時間122分)
 ※14:30頃にシネヌーヴォ入り口に来てください。
 ※終了後、夕食をとりながら感想交流会。
【会場】シネ・ヌーヴォ(大阪・九条)
    地図 http://www.cinenouveau.com/map.htm
【料金】前売:1500円 当日:一般1800円 大学生1500円 高以下・シニア1000円
    シネ・ヌーヴォ会員 1000円
【協賛】平和の井戸端会議ML

 市民社会フォーラムは、映画館で上映中の社会派映画を観て感想交流会を行っています。今回は、ルワンダの民族紛争をテーマにした、ホテルマンの物語「ホテル・ルワンダ」です。

「ホテル・ルワンダ」公式サイト
http://www.hotelrwanda.jp/

交流会お申し込みは、NQC41966@niftycom(市民社会フォーラム)まで

===================
市民社会フォーラム
第9回社会科学研究会のご案内
「包括的公共事業改革の現状と課題―信州モデルの検証―」

●日時 2月12日(土)14時~17時
●会場 総合社会福祉研究所・会議室(国労南近畿会館3階)
     *JR天王寺駅 北口を出て右へ徒歩5分
     地図
http://www.jfast1.net/~sosyaken/inst/kotsu.htm
●報告 森 裕之さん(立命館大学政策科学部助教授、財政学)
●参加費不要

●お問い合わせ先 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム)

市民社会フォーラムHP 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

===================
◆◇ 市民社会フォーラム第34回例会◇◆
色平哲郎(いろひらてつろう)講演会
「医療が滅ぶ 命の沙汰も金次第でいいのか」

日時 2月19日(日)14時~16時40分(13時30分開場)
会場 兵庫県民会館10階会議室「福」
    *JR・阪神「元町」駅より徒歩7分
    *地下鉄「県庁前」駅東1・2出入り口
    *市バス「県民会館前」下車すぐ
    TEL.078-321-2131
    地図 
http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm
参加費(資料代込み) 500円
協賛 庶民のネットワーク 
http://www.eonet.ne.jp/~lullaby/
   社会保障制度研究会
   医療制度を考える兵庫県連絡会
   老人医療制度を守る連絡会    

 またもや負担増…。政府は医療費抑制を至上命題に、高齢者の窓口負担増、入院患者の食事・居住費の自己負担化、「生活習慣病」の自己責任化、国の責任を放棄する保険の都道府県単位化、などを盛り込んだ医療制度改悪法案を強行しようとしています。
 すでに「混合診療」が導入されることで、医療の市場化も進んでいます。このまま では、「いつでも、どこでも、安心してお金の心配なしに受けられる」国民皆保険制度が崩壊し、「命の沙汰も金次第」の医療に変質してしまいます。
 政府がすすめる医療の総枠抑制の政策を批判し、先進国でも異常に低い公的医療費の総枠拡大を目指す展望について、学習・交流します。

報告(1) 医療制度「改革」を批判する
 坂口道倫さん:大阪府保険医協会副理事長

 日本の医療費は抑制しなければならないのか?医療制度に関する疑問も解説しながら、先進国並みの医療費水準を目指すべき根拠について報告します。

◆坂口道倫(さかぐち みちとも)さんプロフィール◆
 外科医、1951年鹿児島県生まれ。1968年愛媛県愛光学園高校での学生運動で処分され放浪の後、医師を目指し関西医科大学へ入学。
 81年同大学院を卒業後、イギリス・バーミンガム大学で医療制度について研究し、91年より大阪府吹田市江坂で外科クリニックを開業。
 大阪府保険医協会闘争本部長、吹田社保協会長。
 大阪府保険医協会闘争本部URL 
http://www.rak3.jp/home/user/ohk/

報告(2) グローカルに日本の医療制度を問う
 色平哲郎さん:長野県南佐久郡南相木(みなみあいき)村診療所長

 医療費が全国で一番安い長野県の地域医療に携わるというローカルな視点と、発展途上国から先進国への看護師流入というグローバルな問題提起も絡めて、 医療制度改悪についてコメントいただきます。

◆色平哲郎(いろひら てつろう)さんプロフィール◆
 内科医、1960年神奈川県横浜市生まれ。東京大学中退後、世界を放浪し、医師を目指し京都大学医学部へ入学。90年同大学卒業後、長野県厚生連佐久総合病院、京都大学付属病院などを経て長野県南佐久郡南牧(みなみまき)村野辺山へき地診療所長。98年より南相木(みなみあいき)村診療所長となる。外国人HIV感染者・発症者への「医職住」の生活支援、帰国支援を行うNPO「アイザック」の事務局長としても活動を続ける。こうした活動により95年、タイ政府より表彰を受ける。現在、長野県東南部、人口1300人の南相木(みなみあいき)村(鉄道も国道もない山の村)に家族5人で暮らしている。
 著作は『大往生の条件』(角川新書 03年1月)、『命に値段がつく日 所得格差医療』(中公新書ラクレ 山岡淳一郎氏と共著 05年6月)など。

--------------------------
◆◇プレ企画 色平哲郎(いろひらてつろう)さんを囲む会◇◆

 例会に先立ち、色平さんを囲みフランクな交流会を開催いたします。

日時 2月18日(土)20時~
会場 春貴ビル4F
    *阪神・JR「元町」駅前海側を線路にそって東へ6・7軒 
     ℡078-334-0623)
参加費(お茶代込み)1,000円
要事前申し込み
  
●お申し込み・お問い合わせ先
 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム) 
※例会は事前申し込みなしで参加いただけます。
市民社会フォーラムHP 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
==================
ここまで

2006年1月26日 (木)

【HP紹介】五十嵐仁『転成仁語』

 五十嵐仁さんの『転成仁語』1/25付に、書評と2/4企画を掲載いただいています。

 http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm

2006年1月24日 (火)

☆☆HP更新:書評・五十嵐仁著『活憲』☆☆

 五十嵐仁法政大教授の新著『活憲』の書評を、市民社会フォーラムHPに掲載しましたので、ご紹介させていだきます。 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page121.html

 五十嵐さんは、市民社会フォーラム主催で2月4日に東京にて開催予定の、講演と対談「"活憲"と"憲政擁護"」で小林正弥千葉大教授とともに話題提供いただきます。
 なお、この企画については、

五十嵐仁さんの『転成仁語』1・20付
http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm
をはじめ、

Pepopイベントカレンダー
http://pepop.jp/modules/piCal/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=0000003767&caldate=2006-2-1

毛利正道さんの「非戦つうしん」146号
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/hisen146.html

JCJふらっしゅ
http://blog.mag2.com/m/log/0000102032

市民ネットワークちば イベント情報
http://blog.chibanet.gr.jp/

報復戦争に反対するホームページリンク集
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Asagao/7440/atum.html

などに掲載いただいた上に、
法学館憲法研究所
http://www.jicl.jp/
の「憲法Voice」のコーナーに掲載いただける予定です。

2/4の企画をあらためてご案内させていただきます。

以下、転送転載歓迎!
==================
☆☆五十嵐仁×小林正弥 講演と対談☆☆
   “活憲”と“憲政擁護”

●日時 2月4日(土)13時30分~16時30分
●会場 大崎第二区民集会所
     *大崎駅 徒歩8分
     (東京都品川区大崎2-7-13 TEL 3492-2000)
     地図 
http://www.h-sato.com/www/senkyo/fuzai/osaki_2.htm
●参加費(会場費・資料代) 200円

 自民党の「新憲法草案」が発表され、通常国会では国民投票法案が上程が予定されています。憲法改定の動きが、いよいよ現実のものとなってきました。
 わたしたちは、いま未来への選択を迫られています。そして、主義・主張・立場の多様性を前提にして、世界に誇る平和憲法を守るだけでなく、その理念を活かしていく取り組みが、かつてなく重要になっています。
 本企画では、日本政治論として平和憲法を生かす国づくり=「活憲」を提唱する五十嵐仁さんと、「非戦の哲学」という公共哲学の立場から「憲政擁護」を提案する小林正弥さんに、日本が選択すべき安全保障のヴィジョン、非戦・平和のネットワークの可能性などについて、講話・対談いただきます。

【五十嵐仁さんプロフィール】
法政大学教授、大原社会問題研究所副所長
1951年生まれ 専門領域:政治学、労働問題
主著は、『活憲』(山吹書店&績文堂、2005年)など多数
『五十嵐仁の転成仁語』
 
http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm

【小林正弥さんプロフィール】
千葉大学教授、地球平和公共ネットワーク代表
1963年生まれ 専門領域:政治哲学、公共哲学、比較政治
主著は、『非戦の哲学』(ちくま新書、2003年)、共著『憲政の政治学』(東京大学出版会、2006年)など多数
『地球平和公共ネットワーク』
 
http://global-peace-public-network.hp.infoseek.co.jp/index-j.html

●主催 市民社会フォーラム
    
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
●共催
 地球平和公共ネットワーク 
  
http://global-peace-public-network.hp.infoseek.co.jp/
 老人党リアルグループ「護憲+」 
  
http://www.geocities.jp/rojinto_goken/ 
 平和と文化のネットワーク

※どなたでもお気軽にご参加ください
●お問い合わせ先
 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム) 

============
ここまで

2006年1月23日 (月)

市民社会フォーラム当面の予定

当面の予定です。

---------------------------
1月27日(金) 協賛企画@大阪・神戸
 きくちゆみさんのフル-トを聞こう♪2006年ライヴ &ト-ク

1月28日(土)/29日(日) 協賛企画@神戸
 「911 ボーイングを捜せ」「テロリストは誰?」上映&きくちゆみ講演会

2月4日(土) 講演と対談@東京
 五十嵐仁×小林正弥 “活憲”と“憲政擁護”

2月11日(祝・土) 映画鑑賞会ホテル・ルワンダ」@大阪

2月12日(土) 第9回社会科学研究会@大阪
 包括的公共事業改革の現状と課題―信州モデルの検証―

2月18日(土) 色平哲郎医師を囲む会@神戸

2月19日(日)  第34回例会@神戸
 色平哲郎講演会「医療が滅ぶ 命の沙汰も金次第でいいのか」
---------------------------
週末はお近くの市民社会フォーラムまで。


以下、転送転載歓迎!
=================
市民社会フォーラム協賛企画のご案内

きくちゆみさんのフル-トを聞こう♪
2006年ライヴ &ト-ク   

○日程  1月27日(金)
○大阪会場 king of kings 午後3時~5時
  (桜橋大阪駅前第一ビルBF1 ℡06-6345-3100)
 参加費 2,000円(飲み物付) 
○神戸会場 春貴ビル4F 午後8時~9時半  
  (神戸元町駅前海側を線路にそって東へ6・7軒 ℡078-334-0623)
 参加費 1,000円(お茶代込)

●ピアノ 池邊幸惠 
 (元大阪芸術大学講師 平和への結集・・呼びかけ人 庶民のネットワ-ク世話人
 日本演奏連盟会員)

●きくちゆみさん プロフィール
マスコミ・金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに多彩な活
動を展開。
『テロリストは誰?』と、『911ボーイングを捜せ』の映画を翻訳プロデュース。
翻訳本は『戦争中毒』(合同出版)など)

★主催 庶民のネットワ-ク 
http://www.eonet.ne.jp/~lullaby/ 
 お問い合わせは 090-9056-3621 

=================
市民社会フォーラム協賛企画のご案内

「911 ボーイングを捜せ」「テロリストは誰?」上映&きくちゆみ講演会

●日 程 1月28日(土)/29日(日)
●会 場 こうべまちづくり会館2階ホール
     
http://www.kobe-toshi-seibi.or.jp/matisen/4kuukan/kaikan.htm
  JR・阪神 元町駅西出口西へ8分,阪神 西元町駅東出口東へ5分,阪急 花
隈駅東出口南へ3分,地下鉄海岸線みなと元町駅西口北へ1分

【きくちゆみさんからのメッセージ】
 911事件は本当にアラブのテロリストの犯行なのだろうか?
 罪のない人たちを一番たくさん殺しているのは、本当は誰なのだろうか?
 『911ボーイングを捜せ』や『テロリストは誰?』を観ると、これまで信じてきたことが音を立てて崩れていくのを経験するでしょう。
 これまでなんとなく「もしや・・・」と思ってきた方は、この映画を観れば「やっぱり!」と納得することでしょう。

*初日(1/28) 「911 ボーイングを捜せ」上映ときくちゆみ講演会
 上映・講演時間 14:30(開場14:00)~17:00/18:00(開場17:30)~20:30 
 
【映画の内容】
 テロリストに乗っ取られた民間機が激突したということになっている「911同時多発テロ事件」は、米国政府の自作自演なのではないか、ということを追求したアメリカのラジオ局が制作した作品です。

*二日目(1/29) 「テロリストは誰?」上映ときくちゆみ講演会
 上映・講演時間 13:30(開場13:00)~16:30
【映画の内容】
 米国政府が第三世界に対して仕掛けてきた「数々の戦争と政権転覆の真相」を描いた10本の映像によるオムニバス作品。アカデミー賞をとったドキュメンタリー映画『嘘まみれのパナマ戦争Panama Deception』も収録。このビデオに納められている数々の映像からは、多くの人が知らない驚くべき真実が迫ってきます。そして「国家としてテロを行ってきたのは、実は米国自身なのではないか」という疑問が湧き上がります。

*きくちゆみさんプロフィール
 マスコミ・金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに多彩な活動を展開。『テロリストは誰?』と、『911ボーイングを捜せ』の映画を翻訳プロデュース。翻訳本は『戦争中毒』(合同出版)など。

●参加費 初日・二日目とも1,200円 事前申し込みの場合900円(両日参加1,500円)
●主催 「911 ボーイングを捜せ」「テロリストは誰?」上映&きくちゆみ講演会・神戸実行委員会
●協賛
 市民社会フォーラム 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
 アート・サポートセンター神戸 
http://www.gallery-shimada.com/artsupport.html
 神戸ラブ&ピース http://www.kcc.zaq.ne.jp/lovepeace/
 庶民のネットワーク  http://www.eonet.ne.jp/~lullaby/
 神戸映画サークル協議会 http://www.kobe-eisa.com/
 KOBEピースIネット
●お申し込み・お問い合わせ先
 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム) 
 FAX&TEL 078-821-2552(本多) 

==================
☆☆五十嵐仁×小林正弥 講演と対談☆☆
      “活憲”と“憲政擁護”

●日時 2月4日(土)13時30分~16時30分
●会場 大崎第二区民集会所
     *大崎駅 徒歩8分
     (東京都品川区大崎2-7-13 TEL 3492-2000)
     地図 
http://www.h-sato.com/www/senkyo/fuzai/osaki_2.htm
●参加費(会場費・資料代) 200円

 自民党の「新憲法草案」が発表され、通常国会では国民投票法案が上程が予定されています。憲法改定の動きが、いよいよ現実のものとなってきました。
 わたしたちは、いま未来への選択を迫られています。そして、主義・主張・立場の多様性を前提にして、世界に誇る平和憲法を守るだけでなく、その理念を活かしていく取り組みが、かつてなく重要になっています。
 本企画では、日本政治論として平和憲法を生かす国づくり=「活憲」を提唱する五十嵐仁さんと、「非戦の哲学」という公共哲学の立場から「憲政擁護」を提案する小林正弥さんに、日本が選択すべき安全保障のヴィジョン、非戦・平和のネットワークの可能性などについて、講話・対談いただきます。

【五十嵐仁さんプロフィール】
法政大学教授、大原社会問題研究所副所長
1951年生まれ 専門領域:政治学、労働問題
主著は、『活憲』(山吹書店&績文堂、2005年)など多数
『五十嵐仁の転成仁語』
 
http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm

【小林正弥さんプロフィール】
千葉大学教授、地球平和公共ネットワーク代表
1963年生まれ 専門領域:政治哲学、公共哲学、比較政治
主著は、『非戦の哲学』(ちくま新書、2003年)、共著『憲政の政治学』(東京大学出
版会、2006年)など多数
『地球平和公共ネットワーク』
 
http://global-peace-public-network.hp.infoseek.co.jp/index-j.html

●主催 市民社会フォーラム
    
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
●共催
 地球平和公共ネットワーク 
  
http://global-peace-public-network.hp.infoseek.co.jp/
 老人党リアルグループ「護憲+」 
  
http://www.geocities.jp/rojinto_goken/ 
 平和と文化のネットワーク

※どなたでもお気軽にご参加ください
●お問い合わせ先
 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム) 

============
市民社会フォーラム
第6回映画鑑賞会のご案内
「ホテル・ルワンダ」

【日時】2月11日(祝・土)14:50分上映(上映時間122分)
 ※14:30頃にシネヌーヴォ入り口に来てください。
 ※終了後、夕食をとりながら感想交流会。
【会場】シネ・ヌーヴォ(大阪・九条)
    地図 
http://www.cinenouveau.com/map.htm
【料金】前売:1500円 当日:一般1800円 大学生1500円 高以下・シニア1000円
    シネ・ヌーヴォ会員 1000円
【協賛】平和の井戸端会議ML

 市民社会フォーラムは、映画館で上映中の社会派映画を観て感想交流会を行っています。今回は、ルワンダの民族紛争をテーマにした、ホテルマンの物語「ホテル・ルワンダ」です。

「ホテル・ルワンダ」公式サイト
http://www.hotelrwanda.jp/

交流会お申し込みは、NQC41966@niftycom(市民社会フォーラム)まで

===================
市民社会フォーラム
第9回社会科学研究会のご案内
「包括的公共事業改革の現状と課題―信州モデルの検証―」

●日時 2月12日(土)14時~17時
●会場 総合社会福祉研究所・会議室(国労南近畿会館3階)
     *JR天王寺駅 北口を出て右へ徒歩5分
     地図
http://www.jfast1.net/~sosyaken/inst/kotsu.htm
●報告 森 裕之さん(立命館大学政策科学部助教授、財政学)
●参加費不要

●お問い合わせ先 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム)

市民社会フォーラムHP 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

===============
◆◇ 市民社会フォーラム第34回例会◇◆
色平哲郎(いろひらてつろう)講演会
「医療が滅ぶ 命の沙汰も金次第でいいのか」

日時 2月19日(日)14時~16時40分(13時30分開場)
会場 兵庫県民会館10階会議室「福」
    *JR・阪神「元町」駅より徒歩7分
    *地下鉄「県庁前」駅東1・2出入り口
    *市バス「県民会館前」下車すぐ
    TEL.078-321-2131
    地図 
http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm
参加費(資料代込み) 500円
協賛 庶民のネットワーク 
http://www.eonet.ne.jp/~lullaby/

 またもや負担増…。政府は医療費抑制を至上命題に、高齢者の窓口負担増、入院患者の食事・居住費の自己負担化、「生活習慣病」の自己責任化、国の責任を放棄する保険の都道府県単位化、などを盛り込んだ医療制度改悪法案を強行しようとしています。
 すでに「混合診療」が導入されることで、医療の市場化も進んでいます。このままでは、「いつでも、どこでも、安心してお金の心配なしに受けられる」国民皆保険制度が崩壊し、「命の沙汰も金次第」の医療に変質してしまいます。
 政府がすすめる医療の総枠抑制の政策を批判し、先進国でも異常に低い公的医療費
の総枠拡大を目指す展望について、学習・交流します。

報告(1) 医療制度「改革」を批判する
 市民社会フォーラム事務局

 日本の医療費は抑制しなければならないのか?医療制度に関する疑問も解説しながら、先進国並みの医療費水準を目指すべき根拠について報告します。

報告(2) グローカルに日本の医療制度を問う
 色平哲郎 長野県南佐久郡南相木(みなみあいき)村診療所長

 医療費が全国で一番安い長野県の地域医療に携わるというローカルな視点と、発展途上国から先進国への看護師流入というグローバルな問題提起も絡めて、 医療制度改悪についてコメントいただきます。

◆色平哲郎(いろひら てつろう)さんプロフィール◆
 内科医、1960年神奈川県横浜市生まれ。東京大学中退後、世界を放浪し、医師を目指し京都大学医学部へ入学。90年同大学卒業後、長野県厚生連佐久総合病院、京都大学付属病院などを経て長野県南佐久郡南牧(みなみまき)村野辺山へき地診療所長。
98年より南相木(みなみあいき)村診療所長となる。外国人HIV感染者・発症者への「医職住」の生活支援、帰国支援を行うNPO「アイザック」の事務局長としても活動を続ける。こうした活動により95年、タイ政府より表彰を受ける。現在、長野県東南部、人口1300人の南相木(みなみあいき)村(鉄道も国道もない山の村)に家族5人で暮らしている。
 著作は『大往生の条件』(角川新書 03年1月)、『命に値段がつく日 所得格差医療』(中公新書ラクレ 山岡淳一郎氏と共著 05年6月)など。

--------------------------
◆◇プレ企画 色平哲郎(いろひらてつろう)さんを囲む会◇◆

 例会に先立ち、色平さんを囲みフランクな交流会を開催いたします。

日時 2月18日(土)20時~
会場 春貴ビル4F
    *阪神・JR「元町」駅前海側を線路にそって東へ6・7軒 
     ℡078-334-0623)
参加費(お茶代込み)1,000円
要事前申し込み
  
●お申し込み・お問い合わせ先
 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム) 
※例会は事前申し込みなしで参加いただけます。
市民社会フォーラムHP 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

===============

2006年1月15日 (日)

☆☆HP更新「色平哲郎医師を囲む会」要録など☆☆

 市民社会フォーラムのHP

http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

を更新しました。

第7回東京例会履歴 「色平哲郎医師を囲む会」要録
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/irihirakakomu.doc

書評 ミヒャエル・エンデの『モモ』再読 森 史朗(和泉通信)
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page119.html

リンク追加
医療制度改革批判と社会保障と憲法
http://blog.goo.ne.jp/harayosi-2

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)
http://www.sdcc.jp/top.html

日本自立プロジェクト
http://www.jj-project.net/

YUUBOKUMIN’S WEB WORLD
http://members.goo.ne.jp/home/nakanisi-sakai

★遊牧民★のメディア棒読み!
http://blog.goo.ne.jp/nakanisi-sakai/

2006年1月12日 (木)

【企画案内】五十嵐仁×小林正弥 “活憲”と“憲政擁護”

 2/4に東京で開催予定の企画が確定しました。
 現在、三つの平和グループとの共催となっています。
 紙媒体で活用できるチラシもUPしました。
  ↓
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/katuken.doc
 以下転送転載歓迎!
==================
☆☆五十嵐仁×小林正弥 講演と対談☆☆
      “活憲”と“憲政擁護”

●日時 2月4日(土)13時30分~16時30分
●会場 大崎第二区民集会所
     *大崎駅 徒歩8分
     (東京都品川区大崎2-7-13 TEL 3492-2000)
     地図 http://www.h-sato.com/www/senkyo/fuzai/osaki_2.htm
●参加費(会場費・資料代) 200円

 自民党の「新憲法草案」が発表され、通常国会では国民投票法案が上程が予定されています。憲法改定の動きが、いよいよ現実のものとなってきました。
 わたしたちは、いま未来への選択を迫られています。そして、主義・主張・立場の多様性を前提にして、世界に誇る平和憲法を守るだけでなく、その理念を活かしていく取り組みが、かつてなく重要になっています。
 本企画では、日本政治論として平和憲法を生かす国づくり=「活憲」を提唱する五十嵐仁さんと、「非戦の哲学」という公共哲学の立場から「憲政擁護」を提案する小林正弥さんに、日本が選択すべき安全保障のヴィジョン、非戦・平和のネットワークの可能性などについて、講話・対談いただきます。

【五十嵐仁さんプロフィール】
法政大学教授、大原社会問題研究所副所長
1951年生まれ 専門領域:政治学、労働問題
主著は、『活憲』(山吹書店&績文堂)など多数
『五十嵐仁の転成仁語』
 http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm

【小林正弥さんプロフィール】
千葉大学教授、地球平和公共ネットワーク代表
1963年生まれ 専門領域:政治哲学、公共哲学、比較政治
主著は、『非戦の哲学』(ちくま新書)など多数
『地球平和公共ネットワーク』
●主催 市民社会フォーラム
●共催
 地球平和公共ネットワーク 
 老人党リアルグループ「護憲+」 
 平和と文化のネットワーク
●お申し込み・お問い合わせは NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム)まで
==================

より以前の記事一覧

最近のトラックバック