2008年1月 9日 (水)

市民社会フォーラム新年の企画案内

以下転送転載歓迎
=====================
★☆僕らの社会を僕らで作ろうっ!!市民社会フォーラム第12回東京例会のご案内★☆
 ※市民社会フォーラムHP
 → 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

過去の問題じゃないぜ!!
現在・未来→ぼくらの問題。@沖縄集団自決と原爆症

☆日 時 08年1月14日(月・祝)14:30~17:00

☆会 場 新宿農業会館8F会議室 (新宿駅南口から徒歩5分、渋谷区代々木2-5-5)

☆参加協力費 500円

☆話題提供
(1)外間喜明(ほかま きめい)さん  相模原市在住、フォトエッセイ『うちなー賛歌』著者 
(2)田部知江子(たべ ちえこ)さん  弁護士、原爆症認定集団訴訟・東京弁護団

 さて。
 成人式のウラ番組のご案内です。
 よく成人式の日のニュースって、市長さんのご挨拶中にうるさくしたり、外で公共物を破壊したり。
 つまんないコトにエネルギー使ってる新成人の報道が流れるけど。
 そんなエネルギーあったら、もっと有効活用しようよ。

 このまえ、10万人とかのひとが集まったとかいう。沖縄で集会がもりあがったコトは有名だけど。
 沖縄集団自決の問題について『うちなー賛歌』という、
 ステキなフォトエッセイを出されてる外間喜明さんのお話を聞きつつ。

 あと。
 きょねん1年間って。原爆症の裁判で判決が6回あったの。 
 それで。
 ぜんぶ被爆者の方たちが勝訴してるわけなんだけど。
 そこで活躍してて、J-WAVE(六本木ヒルズにあるラジオ局。東京周辺で聴けます。)でも

 朝の番組とかで 別所さんからインタビュー受けたりしてる、
 原爆症認定集団訴訟 東京弁護団の田部知江子さんのお話を聞きます。
 
 沖縄とか原爆とか。
 過去の話だと思ってるでしょ。
 
 でも。
 ちがうんだな。。

  現在・未来につながる、ぼくらの問題なんだ。
 
 ってコトに。
 気付せてくれる内容です。
 ぜひふるってご参加を。

 ★事前申し込みなしでも参加いただけますが、 人数把握のために
 (市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com)まで お申し込みいただければありがたいです。

======================
★☆市民社会フォーラム協力企画のご案内☆★
生きさせろ! 雨宮処凛と考える反-貧困 近畿三都物語

 「好景気」が続き大企業は史上空前の利益を得ている一方で、
日本社会の貧困は拡大し深化しています。
 働いても働いても生活できない「ワーキングプア」が増大し、
ネットカフェ難民をはじめ、貯蓄ゼロ世帯、多重債務者などが急増し、
自殺者は毎年3万人を超え、国保料を払えず保険証が取り上げられ、
医療を受けられず死にいたる人や、生活保護を受けられずに餓死にいたる人など、
「健康で文化的な最低限度の生活を受ける権利」(憲法第25条)が侵害されています。
そして、貧困は世代を超えて拡大し、将来の夢を描けないフリーターや非正規雇用が
増大しています。
 貧困の拡大は、競争に勝てない人々の「自己責任」ではなく、
労働分野での規制緩和や社会保障の給付削減・負担増を推し進めてきた、
政府の「新自由主義・構造改革」が生み出したものです。
 ますます生きづらくなっている若者の将来を考えるため、「反貧困」をテーマに、
生活も職も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み取材・執筆・
運動されている
雨宮処凛さんを、神戸・大阪・京都にお招きし、学習・交流企画を開催します。


★神戸企画「生きさせろ! 貧困と労働を考えるシンポジウム」(仮)
 日 時 08年2月16日(土)14時~16時30分(開場13時)
 開 場 神戸市勤労会館 403+404号室
      市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分


       神戸市中央区雲井通5丁目1-2 電話078-232-1881
 パネリスト 雨宮処凛さん(作家)
        河添誠さん(首都圏青年ユニオン)
        藤藪貴治さん(北九州大学非常勤講師)
 参加協力費 500円

 ※生活と職に不安を持つ若者を取材されている雨宮処凛さんと、
  「反貧困たすけあいネットワーク」を立ち上げた首都圏青年ユニオンの河添誠さ
ん、
  「ヤミの北九州方式」など生活保護問題に詳しい藤藪貴治さんを交え、
  生きづらい、働きづらい社会をどのように考えていくか交流します。

★大阪企画「雨宮処凛と語ろう、Vegasでオーオー!」(仮)
 日 時 08年2月16日(土)19時~22時
 開 場 LIVE BAR VEGAS
       (大阪・地下鉄長堀橋駅南5分、日本橋北5分)
       大阪市中央区東心斎橋2-1-5ゴールデン第一プラザB1F 電話06-6211-2620
      
 第1部 雨宮処凛さんトークライブ
 第2部 平和と反貧困の井戸端会議(参加者のアピールタイム) 
      司会 遊牧民
 参加協力費 500円  ワンドリンク500円 
 ※深夜はホストクラブになるVegasで、雨宮処凛さんと「青年の主張」を交流します。


  アピールタイムでの出演も募集してます。
  (市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com まで事前申し込みください。)

★京都企画「雨宮処凛と“すごい生きかた”語り合おう!」(仮)
 日 時 08年2月17日(日)午後14時~16時30分(開場13時)
 開 場 京大会館101号室
      ・京都駅より市バスD2のりば(206)「京大正門前」下車
       ・三条京阪より京都バス17番のりば出町柳経由系統「荒神橋」下車
       ・京阪電車「丸太町駅」下車徒歩7分
        京都市左京区吉田河原町15-9  電話075-751-8311
 参加協力費 500円
※雨宮さんと参加者で「働くこと、生きること」に関して、
 「しんどい時にしんどい!と言い合える社会」にするにはどうしたらいいか交流します。
※京都市民の皆さん、この日は京都市長選挙の投票日です。
 ぜひ投票に行かれてご参加くだされば幸甚です。
 
<雨宮 処凛 さん プロフィール>
 1975年、北海道生まれ。幼少期からイジメを受け、
 10代はリストカット、家出、ビジュアル系バンド追っかけに使い果たす。
 21歳のとき、右翼団体に入会。愛国パンクバンドで活躍。
 00年、自伝『生き地獄天国』(太田出版)で作家デビュー。
 以後、右は辞め、執筆活動に専念しながらも、北朝鮮、イラクへと渡航を繰り返す。

 現在は新自由主義の中、生活も職も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の
 問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
 『雨宮処凛のオールニートニッポン』(祥伝社)
 『生きさせろ!~難民化する若者たち~』(太田出版)など著書多数。
 「雨宮処凛公式ホームページ」
http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

★事前申し込みなしでも参加いただけますが、
 人数把握のために(市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com)まで
お申し込みいただければありがたいです。
  
主 催 「生きさせろ! 雨宮処凛と考える反貧困 近畿三都物語」プロジェクト
連絡先 市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com

チラシデータ
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/amamiyakarin.pdf
======================

市民社会フォーラムURL
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

2007年10月 7日 (日)

日本政治の展望―「活憲」を軸に

==================
市民社会フォーラム第11回東京例会
日本政治の展望―「活憲」を軸に

日 時 10月27日(土)15時~18時
会 場 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館867教室 

話題提供(仮)
 「活憲を展望する政治論―政治学者の立場から」五十嵐仁さん 
 「活憲を実現するためには―平和活動家の立場から」きくちゆみさん
※講演後、対談、参加者との質疑応答

 改憲と消費税増税を狙う自公政権は参議院選挙で歴史的敗北を帰し、安倍首相は辞任に追い込まれ、年内に解散総選挙の可能性もあり、野党政権実現の期待も高まっています。
 参院での与野党逆転の中、当面は臨時国会で、テロ特措法延長などが争点になります。
 こうした政権交代も視野に入る時局をふまえ、憲法の理念を守り活かすため政治=「活憲」の展望について、人気ブログ「五十嵐仁の転成仁語」で精力的に発言している政治学者・五十嵐仁さんと、同じく人気ブログ「きくちゆみのブログとポッドキャスト」などで平和のメッセージを発信されている環境・平和活動家のきくちゆみさん
に、ご講演・対談いただきます。

共 催 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
     沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動
協 力 平和と文化のネットワーク

 事前申し込みなしにどなたでもご参加いただけますが、人数把握のために事前申し
込みいただければ幸いです。
※お問い合わせ・申込み先:Eメール:NQC41966@nifty.com
■講師プロフィール
◆五十嵐仁さん 
 法政大学大原社会問題研究所教授。ブログ「五十嵐仁の転成仁語」(http://blog.so-net.ne.jp/igajin/)などで「活憲」の立場から日本政治を批評し、最近はTV番組『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』に出演。著書は『活憲―「特上の国」づくりをめざして』(績文堂・山吹書店、2005年)など多数。
◆きくちゆみさん
 東京・下町生まれ。マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現。ヒット作は『戦争中毒』。ブログ「きくちゆみのブログとポッドキャスト」(http://kikuchiyumi.blogspot.com/)などで平和省創設を提唱。
■会場アクセス
法政大学市ヶ谷キャンパスは、JR市ヶ谷駅か飯田橋駅から徒歩。下記地図をご参照ください。
■企画チラシをご活用ください。
=================

2007年9月12日 (水)

市民社会フォーラム秋の企画

以下転送転載大歓迎!!
=================
市民社会フォーラム秋の企画一覧
◆協力企画 9月のBOXミュージカルは憲法ミュージカル!
 9月22日(土) 創造空間BOX1-6(堺市内)
◆38回例会 映像で考える日米の医療制度
 10月8日(月・祝)14時~ Ken Production(神戸市・三宮)
◆第11回映画鑑賞会 「日本の青空」を観る
 10月14(日)14:30上映 神戸市六甲道勤労市民センター
第11回東京例会 五十嵐仁講演会 日本政治の展望―「活憲」を軸に
 10月27日(土)15時~ 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館867教室 
共催企画 鶴見俊輔講演会 九条の会と「10の寓話」(仮)
 11月4日(日)14時~ キャンパスプラザ京都
各企画の詳細は以下参照。
=================
市民社会フォーラム協力企画のご案内
9月のBOXミュージカルは憲法ミュージカル!

■■日時 2007年9月22日(土)
  昼の部  午後2時~4時
  夜の部  午後6時30分~8時30分

■■場所 創造空間BOX1-6
 大阪府堺市堺区市之町東6丁1-24
 南海高野線「堺東」西へ徒歩7分
 地図 
http://vpress.la.coocan.jp/sakaitizu.html

■■入場料 おひとり 500円

■■プログラム
☆2007三多摩・憲法ミュージカル「キジムナー」上映 (70分)
☆若き弁護士のトーク 「来年、堺で憲法ミュージカルをやります!」 (50分)
  昼の部 弁護士 國本依伸さん
        (山口健一法律事務所・大阪憲法ミュージカル2008呼びかけ人)
  夜の部 弁護士 成見暁子さん
        (南大阪法律事務所・大阪憲法ミュージカル2008実行委員会事務局長)

■■スペシャル・ジョイント・バザー開催♪
☆当日午後1時より会場内にて、せんぼく障害者作業所のミニ・バザーを開催します!
  お菓子(おせんべい)・陶芸(お皿や湯呑み)などを販売します♪

■■お問い合わせ・ご予約は~
創造空間BOX1-6   TEL&FAX072-227-6123(かみや)
メールアドレス box-kami@kzh.biglobe.ne.jp

なお、遊牧民も予約を受け付けます。
メールアドレス dubhw208@sakai.zaq.ne.jp
携帯 090-8192-3790

(会場が手狭なため、なるべく事前予約をお願いします)

■■主催
創造空間BOX1-6
 
http://vpress.la.coocan.jp/sakai.html

■■共催
大阪憲法ミュージカル2008実行委員会
 
http://music.geocities.jp/kis_hrn/ 

■■協力団体(順不同)
大阪憲法ミュージカル2008を堺でやるさかい!市民連合
市民社会フォーラム 
 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
せんぼく障害者作業所 
 
http://www.sakaicosmos.net/
へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク) 
 
http://heikosenweb.oboroduki.com/
平和省プロジェクトおおさか
 
http://plaza.rakuten.co.jp/osakaheiwasyou/
平和の井戸端会議 
 
http://blogs.yahoo.co.jp/yuubokuminn2003

■■協力団体募集!
最低1名の有料入場確約で、「協力団体」になれます。
「協力団体」になると、「メール広報」に団体名を記載します。
「協力団体」になると、当日会場にて「チラシ」の配布OKです。署名用紙もOKです。

協力団体の参加お申し込みは、遊牧民まで~
メールアドレス dubhw208@sakai.zaq.ne.jp
携帯 090-8192-3790
==================
市民社会フォーラム38回例会
映像で考える日米の医療制度

日時 07年10月8日(月・祝)14時~
会場 Ken Production(神戸市・三宮)

 マイケルムーアの最新映画「シッコ」では、国民皆保険のない米国の医療制度の現状が、ユーモアとシリアスさを交えて浮き彫りにされていますが、日本の医療制度も米国のように、「命の沙汰も金次第」となろうとしています。
 今回の例会では、日米の医療制度の問題について、ドキュメンタリー・ビデオを教材にしつつ学習交流します。

※会場定員がありますので事前にお申し込みください。
 参加者には会場案内を返信いたします。
申し込み先:市民社会フォーラム http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
  Eメール:NQC41966@nifty.com まで

==================
市民社会フォーラム第11回映画鑑賞会
「日本の青空」を観る

日時 07年10月14(日)14:30上映
会場 神戸市六甲道勤労市民センター大会議室
        JR/六甲道駅南接
    阪急/六甲駅から南へ歩いて8分
    阪神/新在家駅から北へ歩いて6分

   ( 会場詳細:http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/rokkoumichi/index.html )
料金:前売り1000円・当日1200円

 市民社会フォーラムは、映画館で上映中の社会派映画を観て感想交流会を行っています。 
 今回は各地で様々な団体が自主上映に取り組んでいる「日本の青空」です。
 神戸で『「日本の青空」を見よう会』による上映会が行われるので、そこに参加します。
 平和憲法が生まれた歴史の実相を映画で学んでみませんか?
 みんなで鑑賞し、感想を交流しましょう。ぜひご参加ください!!

 どなたでもご参加いただけます。
 上映終了後、付近で感想交流会を行いますので、
参加人数の把握のため、事前申込みをお願いします。

申し込み先:市民社会フォーラム http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
  Eメール:NQC41966@nifty.com まで


前売り券、上映についてのお問い合わせは
tel. 078-371-8550 神戸映画サークル協議会 まで

「日本の青空」公式HP
 http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/

==================
市民社会フォーラム第11回東京例会
五十嵐仁講演会 日本政治の展望―「活憲」を軸に

日 時 10月27日(土)15時~18時
会 場 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館867教室 

 「美しい国」「戦後レジームからの脱却」をスローガンに改憲を狙う安倍自公政権は、参議院選挙で歴史的敗北を帰し、さらには年内に解散総選挙の可能性もあり、野党政権実現の期待も高まっています。
 参院での与野党逆転の中、当面は臨時国会で、テロ特措法延長などが争点になります。
 こうした政権交代も視野も入る時局をふまえ、憲法の理念を守り活かすため政治=「活憲」の展望について、人気ブログ「五十嵐仁の転成仁語」で精力的に発言している五十嵐さんにご講演いただきます。

共 催 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)

 事前申し込みなしにどなたでもご参加いただけますが、人数把握のために事前申し込みいただければ幸いです。
※お問い合わせ・申込み先:Eメール:NQC41966@nifty.com


=================
市民社会フォーラム共催企画のご案内
鶴見俊輔講演会 九条の会と「10の寓話」(仮)

日時 07年11月4日(日)14時~16時30分
会場 キャンパスプラザ京都2階第1会議室(JR京都駅前)
参加協力費 500円
要事前申し込み 定員60人

申し込み先 NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム)

 鶴見さんが九条の会呼びかけ人になるにあたって、
も記憶に残る「10の寓話」を語っていただきます。
共催(9/12現在)
 9条の会・醍醐、市民社会フォーラム、へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
==================

2007年8月 6日 (月)

市民社会フォーラム東京企画のご案内

=====================
市民社会フォーラム第10回東京例会
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13021526/
参加費 1000円(飲み物代含む)

 第10回となる市民社会フォーラム東京例会では、
参議院選挙の結果を踏まえて、憲法を守り活かす取り組みの中でも、
次回の総選挙を念頭にどのような政治的共同が可能かを分析するために、
護憲諸政党の政策・方針を中心に客観的な考察を行います。
 どなたでもご参加できます。

※定員12人の会場なので、要事前申込みです。
お申し込み・お問い合わせ先 NQC41966@nifty.com
 
共催 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
    
http://heikosenweb.oboroduki.com/

======================
市民社会フォーラム第9回映画鑑賞会
マイケル・ムーア「シッコ」を観る

日 時 07年8月26日(日)17時頃~
会 場 都内(劇場未定)

 市民社会フォーラムは、映画館で上映中の社会派映画を観て感想交流会を行っています。
 今回は、「ボーリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」などで
「参院選挙の結果と憲法擁護の課題」
日 時 07年8月25日(土)13:30~16:30
会 場 ルノアール目黒第1店会議室 
     品川区上大崎2-13-35(目黒駅前・目黒通り沿い)
     電話03-3446-6174
     地図など詳細 
米国社会の問題をシリアスかつコミカルにドキュメントしているマイケル・ムーアの新作。
今回のテーマは市場原理により「命の沙汰も金次第」の米国医療。
米国にならって医療の市場化・患者負担増が続く日本の医療の行く末を観ることができます。
 
 どなたでもご参加できます。
 映画終了後、付近で交流会をいたしますので、事前にご連絡ください。
 時間・会場は確定次第、ご案内いたします。
※申込み先:市民社会フォーラム Eメール:NQC41966@nifty.com 
共催 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
    
http://heikosenweb.oboroduki.com/
======================
市民社会フォーラムHP
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

2007年7月11日 (水)

☆☆HP更新:「07参議院選挙での各党の政策&過去10年の法案態度一覧」☆☆

 市民社会フォーラムHPを更新しました。

資料
へいこうせん独自調査「07参議院選挙での各党の政策&過去10年の法案態度一覧」
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page315.html

 へいこうせんからの資料提供を、サイト掲載版、pdf版、exel版で公開しま
した。

 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)=「平公選」
は、「改憲と庶民大増税no!で投票に行こう!!」という、思想信条はもとより政
党支持・不支持の多様性を尊重した緩やかな政治ネットワークですが、非政治的発信
も含めた多様な批評空間を展開する市民社会フォーラムとしては、多様性の一つとし
て転載いたしました。

 ぜひ、客観的資料として、転載転送いただければ幸甚です。

 参考のために、へいこうせんアピールも転載いたします。
===============
ほっとけない!改憲と庶民増税」
平和憲法を活かし、格差社会を公正な社会に変えるために、選挙に行こう!
平和と公正の選択を求めるネットワーク 【へいこうせん】アピール(新バージョン)

■ほっとけない!
 昨年発足した安倍政権。
 12月には教育基本法を変え、子どもたちは否応なしに「日の丸・君が代を愛しなさ
い」と教えられることになりました。
 防衛庁は防衛「省」になり、外国からは日本軍と見られるものになっています。
 さらには、現代の治安維持法と悪名の高い共謀罪を作り出そうとしています。
 これが日本のあるべき姿でしょうか?

■憲法9条
 今年は国民投票法が、充分な話し合いもないまま、力ずくで可決されました。
 憲法9条では、
・戦争はしない
・軍隊は持たない
と世界中に宣言しています。
 これが変えられてしまったら、
・戦争をする
・軍隊を持つ
国になってしまうのです!

■私たちの生活は?
 今、格差社会と言われています。
 一握りの裕福な人々と、一生懸命働いても生活が苦しい人々との差が、どんどん広
がっているのです。
 安倍政権では、これを食い止める考えはないようです。
 それどころか、大企業を優遇し庶民増税をして、ますます差を広げようとしていま
す。

■選挙に行こう!
 どうしたら、みんなが幸せになれるでしょうか。
 どうしたら、平和な暮らしが守れるでしょうか。
 私たちには「選挙権」があるのです。
 誰もが持っている、政治に参加できるチャンスが選挙なのです。

 みなさん、選挙に行きましょう!
 そして「平和で公平な」政治ができる人と政党を選ぼうではありませんか。

 私たちひとりひとりが選ぶことで、日本は平和で夢のある国になるに違いありませ
ん。

「へいこうせん」賛同・協力のお願い

 「平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)」は、アピール
賛同者からなる緩やかなネットワークです。平和憲法を壊す候補者を落選させ、守り
活かす候補者へ投票を呼びかけますが、特定の政党・候補者の応援をするのではな
く、平和憲法と格差社会を争点にした世論喚起を目的にしていますので、特定政党・
候補の支持・不支持にかかわりなく、アピールの趣旨に賛同いただくことができま
す。
 「平和」と「公正」をめぐっては、諸々の重大争点がありますが、わかりやすくか
つ幅広い一致点をとれる争点として、改憲と増税(とくに消費税増税)に焦点を絞り
ます。もちろん、一致点を前提にしつつ、雇用・社会保障・環境・人権などの論点に
ついても発信や交流も行います、
 会費・会則はなしで、できるかたちでのご協力をしていただくだけで結構です。た
とえば口コミでもネットでも、改憲と増税などの問題を語って「選挙に行こう」と呼
びかけるだけでもいいですし、お住まいの選挙区で候補者アンケートをしてその内容
を地元有権者に伝えることなども考えられます。
 運動の期間は当面、07年の参議院選挙までとし、地方選挙でのアクションも行って
いきます。
 事務局活動としては、ブログやホームページ、メルマガを設立して争点解説や各党
の政策比較、アンケート報告などの情報発信・行動提起を行う予定です。
 賛同いただいた方にはメールニュースを送信いたします。
 ご賛同・お問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします。
heikosen07@yahoo.co.jp

へいこうせんHP
http://heikosenweb.oboroduki.com/
へいこうせんブログ
http://heikosen.blog86.fc2.com/
へいこうせんメールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000220835.html
mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1690424

===============

2007年6月18日 (月)

市民社会フォーラム共催上映会『密約 外務省機密漏洩事件』

以下、転送転載歓迎!!
===================
市民社会フォーラム共催上映会のご案内
『密約 外務省機密漏洩事件』

日時 07年6月23日(土)
  (午後2時、午後6時30分 の2回上映・上映時間1時間40分)
会場 「創造空間BOX1-6」
 大阪府堺市堺区市之町東6丁1-24 TEL&FAX0722.27.6123(かみや) 
 南海高野線「堺東駅」西へ徒歩7分
☆地図 
http://vpress.la.coocan.jp/sakaitizu.html

会場費 500円
共催 
 市民社会フォーラム 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)http://heikosenweb.oboroduki.com/

☆会場の「創造空間BOX1-6」は、1997年5月にオープンした木造平屋約45平方メートルのスペース。
展示会・ミニコンサート・ポスター展・ビデオ上映会等を開催しています。

※お申し込みなしでも参加できますが、事前にお申し込みいただければ幸甚です。
 市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com まで

■『密約 外務省機密漏洩事件』
 沖縄返還交渉で、アメリカが支払うはずの四百万ドルを日本が肩代わりするとした裏取引―。時の内閣の命取りともなる「密約」の存在は国会でも大問題となるが、やがて、その証拠をつかんだ新聞記者と、それをもたらした外務省女性事務官との男女問題へと、巧妙に焦点がずらされていく。
 この事件に深い関心を抱いた作家の澤井久枝は裁判を傍聴し、裁判が密約を行った政府の政治責任を問わず、二人の倫理性だけを裁こうとしているのに疑問を持った。
 政府は何を隠蔽し、国民は何を追究しきれなかったのか。現在に続く沖縄問題の原点の記録。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17976/comment.html

製作=S・H・P=テレビ朝日 配給=オフィス・ヘンミ
1988.06.11 
100分 カラー ワイド
----------------------------------------------------------------------------
プロデューサー ................  荻野隆史 福富哲 中村和則 天野恒幸
監督 ................  千野皓司
助監督 ................  新城卓
脚本 ................  長谷川公之
原作 ................  澤地久枝
撮影 ................  斉藤孝雄
音楽 ................  菅野充亮
美術 ................  佐谷晃能
照明 ................  佐藤幸郎
編集 ................  神谷信武
出演 ................  北村和夫 吉行和子 稲葉義男 大空真弓
=================== 

2007年5月17日 (木)

市民社会フォーラム協力企画「色平哲郎講演会」(6/3@大阪)

 久しぶりに市民社会フォーラムの学習会を開催します。
 6/3@大阪で、また色平哲郎さんにお会いできます。

以下転送転載大歓迎!!
======================
■□市民社会フォーラム共催企画のご案内□■

色平哲郎(いろひら てつろう)講演会
「対人援助者に求められる資質」

日 時 6月3日(日)13時~16時(開場12時30分)
    ※色平さんとのランチミーティング 11時15分~
会 場 クレオ大阪北2F会議室2(電話06-6320-6300)
参加費 500円  
定 員 25人(申込先着順)
主 催 国際医療福祉大学同窓会 関西支部会
共 催 市民社会フォーラム(
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/) 

 今回の市民社会フォーラム共催企画は、 国際医療福祉大学同窓会関西支部会が主催する講演会です。
 同大学OBの松本武志さんが参加した「子どもたちへ届け with dreams登山隊」の活動報告会とともに、佐久総合病院内科医・南佐久郡南相木村診療所長の色平哲郎さんが講演いたします。

※終了後懇親会 17時~19時  居心伝 懇親会費 3500円

【色平さんのHP】「信州の農村医療の現場から」
http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/01IroCover.htm

【お申込み方法】
お申込み先 市民社会フォーラム e-mail NQC41966@nifty.com まで
ランチミーティング、懇親会参加の方はその旨ご連絡ください。
 
【クレオ大阪北】 
http://www.creo-osaka.or.jp/north/index.html
 ・阪急京都線・千里線(地下鉄堺筋線乗り入れ) 「淡路」駅(東出口)から南東へ徒歩約10分
 ・市バス 「東淡路1丁目」下車、徒歩約3分
       「大阪駅前」から37号系統「井高野車庫前」行
       「歌島橋バスターミナル」から93号系統「井高野車庫前」(阪急十三、地下鉄西中島南方経由)行

======================

2007年3月20日 (火)

市民社会フォーラム第9回東京例会「改憲と格差社会―07年選挙争点を考える」

■市民社会フォーラム第9回東京例会のご案内
改憲と格差社会―07年選挙争点を考える

日時 3月24日(土)13時~17時
会場 沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動事務所
    東京都渋谷区宇田川町19-5山手マンション1001
地図は以下
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E5%AE%87%E7%94%B0%E5%B7%9D%E7%94%BA19-5
参加費不要

 今年は12年に一度の「亥年」で、統一地方選挙と参院選挙と政治イベントが集中します。とくに4月には石原都政の審判を促す都知事選挙などの統一地方選挙、衆院補選で与党対野党で争われる沖縄参院補選、安倍自公政権に審判を下す7月に参院選挙、さらには解散総選挙もありうる選挙の祭事が盛りだくさんです。
 安倍内閣は、今年の憲法記念日5月3日までに、改憲手続きのための「国民投票法案」を成立させ、7月の参院選挙では9条改定を争点にたたかう決意です。
 他方、格差社会の問題は深刻で、マスコミでもワーキングプアや生活保護問題などがクローズアップされています。
 改憲と格差社会が選挙争点となる今、有権者はどのような選択をすべきか。
 そのためには、各政党がどのような政策・公約を掲げどのような態度をとってきたかを、客観的に分析することが必要です。
 今年盛りだくさんの選挙イベントの行く末を考えるためにも、首都東京で多様な角度で、政策争点を論議する研究会を、政治的立場の多様性を前提にした市民社会フォーラム主催で、研究会をいたします。
 
※どなたでも自由にご参加いただけますが、事前申し込みいただければ幸甚です。
お申し込み先
 Eメール:NQC41966@nifty.comまで
 
主催 市民社会フォーラム 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/

共催 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク) http://heikosenweb.oboroduki.com/
   平和の井戸端会議 http://blogs.yahoo.co.jp/yuubokuminn2003

3・21色平哲郎さん講演会@大阪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    市民社会フォーラム共催企画のご案内
 フィリピン人看護師受入問題と日比医療事情について
    -3・21色平哲郎さん講演会@大阪-

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

講師:色平哲郎さん(長野県南佐久郡南相木村診療所長)
ビデオ上映&講演:「フィリピン人看護師受入問題と日比医療事情について」
司会:藤本伸樹さん(アジア太平洋人権情報センター)
日時:3月21日(水・祝)午後2時~5時
場所:大阪聖パウロ教会 1F会議室(大阪市北区茶屋町2-30)
 ・阪急電車「梅田」駅茶屋町口より徒歩5分
 ・地下鉄御堂筋線「梅田」駅北口より徒歩5分
 ・JR「大阪」駅より徒歩10分
(地図)
http://park15.wakwak.com/~knc/sub/knc_map.htm
会費:500円

 現在、医療をめぐってさまざまな問題が起きています。その一つに日比EPA(経済
連携協定)によるフィリピンからの看護師受入問題があります。フィリピン現地では
看護師や医師の国外大量流出により病院閉鎖が頻発
し医療体制の危機が危惧されていますが、一方で日本でも地方での看護師・医師不足
による病院の経営危機がマスコミを騒がせています。日本の深刻な看護師不足をフィ
リピンからの看護師受入で「解決」しようという現在の方針は日本・フィリピン双方
の市民にとって本当に問題の解決となるのでしょうか?

 一方で、フィリピン政府は外国人に対する臓器(腎臓)売買を公認する方針を打ち
出し、日本からの「臓器買いの殺到」がマスコミ等で懸念されています。お金の力で
貧しいフィリピンの人たちから腎臓を買い取ろうというのです。日本でも貧困ゆえに
健康保険証を取り上げられて病院に行けず手遅れで死亡する患者が2桁にも及びつつ
ありますが、こうした「健康(命)格差社会」化が国内でも、グローバル規模でも急
速に拡大しています。

 今回、フィリピン現地を何回も訪れ現地医療事情にも詳しくまた日本国内で辺地医
療を実践され『命に値段がつく日 所得格差医療』の著者でもある内科医・色平哲郎
さんをお招きしてから、日比両国で現在進みつつある医療危機(健康格差社会化)の
実態とその背景にあるグローバリゼーションの矛盾について語っていただきます。


講師紹介:内科医、1960年神奈川県横浜市生まれ。京都大学医学部卒業。98年より長
野県南佐久郡南相木(みなみあいき)村診療所長。
外国人HIV感染者・発症者への「医職住」の生活支援、帰国支援を行うNPO「ア
イザック」の事務局長としても活動を続ける。こうした活動により95年、タイ政府
より表彰を受ける。
著作は『大往生の条件』(角川新書 03年1月)、『命に値段がつく日 所得格差医
療』(中公新書ラクレ 山岡淳一郎氏と共著 05年6月)など
(詳しくは)
http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/01IroCover.htm
*フィリピンと日本
http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/b47Phil_Japan.htm
*フィリピン:医療を死守、最貧の島 隣島卒業生が活躍--中部サマール
 「毎日新聞」06年11月16日
http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/b45PhilDoc1.htm

主催: 関西フィリピン人権情報アクションセンター
    
http://www.geocities.jp/fujiwara_toshihide/50/index.html
    フィリピンのこどもたちの未来のための運動(CFFC)
    
http://www.mediawars.ne.jp/~ji3nip/cffc/
    市民社会フォーラム
    
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
    へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
    
http://heikosen.blog86.fc2.com/
RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
    
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/2100/
問合せ・申込み:
    関西フィリピン人権情報アクションセンター (担当:藤原)
    Tel:0774-48-1100, Fax:0774-44-3102
    E-mail :
fujiwara_toshihide@yahoo.co.jp
    
*なお、講演会終了後、色平哲郎さんを囲んでの交流・懇親会を
会場近辺のお店で予定しております。ふるってご参加ください

2006年12月20日 (水)

例会「市民運動のデザイン戦略論」

以下転送転載歓迎!
===========
市民社会フォーラム36回例会のご案内
市民運動のデザイン戦略論

日時 07年1月20日(土)14時~
会場 Ken Production(神戸市・三宮)
話題提供 吉本 研作さん(Ken Production デザイナー)
参加費不要・要事前申し込み ※申し込み後、会場地図を送ります。

 「第4の権力」「社会の公器」と言われていたマスメディアは、権力批判を鈍らせて、市民が知るべき真実を正確に伝える機能を低下させています。また、昨日05年の911「郵
政選挙」などで明らかなように、財力ある勢力がムードやイメージで広報戦略を行い、増税や安全保障などの重大課題について真の争点をはぐらかされています。
 こうした所与の状況から出発して、権力をチェックする市民活動の影響力を強めるためのオルタナティブなPR戦略がこれまで以上に重要になっています。
 今回の市民社会フォーラム例会では、民間大企業のデザインを請け負うかたわらで、神戸再生フォーラム機関紙「神戸再生」など、市民活動に斬新なデザイン活動を展開されている吉本研作さんに、デザイン論について話題提供いただきます。

◆お申し込み・お問い合わせ先NQC41966@nifty.com(市民社会フォーラム)
市民社会フォーラムURL 
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
===========

«【転載】「市民意見広告運動」のお願い

最近のトラックバック